FC2ブログ
革製の財布の購入を考えた場合、一番最初に思い浮かぶのは、定番の牛革ではないでしょうか。

そして、それ以外では派手な印象のワニ革とか。

財布って、思い浮かぶ革の種類が多くはないイメージですよね。

色や形状で、多少の違いはありますが、表面の革の雰囲気が全体的なデザインの印象だと思うので、

結局、みんな同じような物に見えて、他人と被りにくい個性的な物を持ちたい人には物足りないのではないですか。

そこで、いま注目なのがエイ革です。

まだ流行ってる感はなく、エイ革って何❓と思っている人も多いと思います。

エイ革は、近年海水浴などで厄介者扱いされているアカエイの皮から作られていて、

そのエイ革を専門に扱う革製品ショップのBAHARIでは、財布や名刺いれ等に加工して販売しています。

エイ革の特徴は、なんといってもその見た目。

つぶつぶとした、ビーズを敷き詰めたような独特な質感。

シンプルな牛革や、ゴツいワニ革とは違う個性的な雰囲気を持っています。



長財布


コインケース


エイ革には、個性的で光沢感のある見た目の他にも、様々な特徴があるのですが、

注目は、革の硬さです。

大昔は、武具にも使われていたというエイ革の硬さは、革業界の技術が向上するまでは職人泣かせの素材だったそうですよ。

でも、その硬さも技術が向上した今では、耐久性に優れた良質な素材として、身近な小物アイテムに生まれ変わり役立っています。

ちなみに、エイ革の耐久年数は100年と言われるくらいなんですよ。

まぁ実際は、個人個人の使い方によって、革の寿命は変わるのかもしれませんが、

一生付き合える革製品って魅力的ですよね。

双子の人だったら、20代とか30代の時に同じ物を買って使い続けて、

40~50年後くらいに、お互い見せあって経年劣化の違いを比べるのも面白いかもしれませんよ。

そんな耐久性に優れ、見た目もオシャレで個性的なエイ革の財布、

よく見る定番の革素材に満足できない人なら手にとってみる価値ありですよ。



関連記事
スポンサーサイト



2017.06.03 Sat l レザーアイテム l top