FC2ブログ
春から実家を離れ大学生活が始まる予定の皆さん、

新生活の準備や、引っ越し費用、生活が始まれば家賃や光熱費を含め、いろいろとお金がかかりますよね。

実家が裕福で仕送りやお小遣いが貰えるような人は今の時代ほんの一部だと思います。

多くの人は高校時代に貯めたお金を使ったり、これからバイトをしながら学生生活を頑張るって感じですよね。

そこで今回考えてみたのが、予算1万円台で1週間いけるかもファッションです。

高校時代とは違い、私服で過ごす機会が多くなるわけですけど、

あいつ毎回同じ服を着てるよって思われたくないですよね。(考え方は人それぞれですが)

でも、現在手持ちの服は春ファッションを1週間分組み合わせるほど持ってないみたいな。

なので、予算1万円台で探してみよう!と思ったのです。

ちなみに、1万円台というのは僕のブログがメンズファッション通販サイトでオシャレしようというテーマなので、

最低限それぐらい必要かなって額なんですけど、

実際自分の足で歩いて、激安ショップや古着屋を上手く利用すれば、もっと予算を抑えられるかもしれませんよ。

なので今回は1万円台なら出せそう、もしくは誰かにおねだりできそうって感じの時に参考になるような内容にしてみました。

で、実際に考えた結果がこちらです。

1万円台で数着購入できて、できれば1週間被らない感じにしたいと考えた結果、お店はメンズファッションビターに決めました。

まず最初に選んだのはこちら。

CavariA(キャバリア)3タイプから選べるサーマル無地長袖Tシャツ/全7色

価格は1,500円(税別)

春1週間ファッションのベースとなる長袖Tシャツです。

ロゴやプリントのある物だと印象が強くなってしまって、またあれ着てるとなってしまいそうなので、

無地でシンプルな物が良いと思い選んでみました。


今回選んだ、このTシャツは首元のデザインを3タイプから、カラーを全7色から選べるので、

それぞれ(首元もデザインも)違う物を1枚ずつ計2枚(最低でも)買えば1週間いけそうです。

というのも、これにアウター1枚(後で紹介しますが)を合わせればトップスとインナーの2つの使い方ができるんですよ。


なので、例えば黒と白のTシャツを買ったとすれば、

黒そのままトップス、白そのままトップス、黒アウターと合わせる、白アウターと合わせるで4パターンいけるんです。

でもそれだと4日分にしかならないので、次はこちらです。

VICCI(ビッチ)ストレッチスキニーパンツ/全11色

価格は2,500円(税別)

ズボン(パンツ)は上半身ほど印象に残らなそうではありますが、ジーパンだと違うデザインの物であっても、

他人から見たらまたジーパンとなりそうなので、最近流行りのスキニーパンツでカラーの多い物を選んでみました。


このスキニーパンツは全11色から選べるので、さきほどのTシャツで選んだ色とバランスを取って、こちらも2枚買ったらOKだと思います。

(1枚は黒だと使い勝手も良いですよ)

これでTシャツにアウターを合わせた上半身4パターンに2色のパンツを合わせた全身コーディネートで1週間以上(8パターン)完成です。(アウターはこれから紹介します)

この時点でTシャツを2枚、パンツを2枚で税別の価格が8,000円。

予算を1万円台と言いましたが、できれば1万円に近いほうが良いですよね。

そうなると、アウターにそんなにお金をかけれないわけですけど、

メンズファッションビターには良い物がありました。

それがこちらです。

VICCI(ビッチ)ストレッチデニムジャケット/全2色

価格は2,900円(税別)

Tシャツの着用イメージ画像には革ジャン(ライダース)が使われていますが、

あまりに強い印象になってしまうので、春はやっぱりデニムだろうということでデニムジャケットを選んでみました。


着てる人が多いので周りにも馴染みやすいですしね。

こちらは2色あるので好きな方を1枚買ったら充分だと思います。

これで全て揃いました。

税別価格で合計10,900円です。

税込みだと11,772円ですかね。

なんでわざわざ税込みと税別で分けたかというと、

メンズファッションビターでは税別10,000円以上購入で送料が無料になるんですよ。

なので、税別価格がそのラインをクリアしているので送料分もお得に買い物できる組み合わせなんです。

とりあえずは、こんな感じのファッションで過ごして、

あとは元々の手持ちの服だったり、バイトの給料が入ったら新たに買い足したり、

そんな風に組み合わせていけば、毎日の私服に悩まなくなると思いますよ。

今回はとりあえず春のファッションが何も無い、通販で予算1万円台なら何が買える?ってとこをイメージした内容にしてみました。

現在僕そんな感じですって人は、上で紹介した服が好みなら、ぜひお店のホームページでチェックしてみてください。

お店のホームページはこちら
メンズファッションBITTER公式ホームページ





関連記事
スポンサーサイト



2019.02.06 Wed l 全身コーデ l top