FC2ブログ
現在なぜか90年代のファッションがブームとなっていますね。

若い世代からすると、お父さん世代のファッションが逆に新しい、ダサカッコいいということで流行ってるわけですが、

もっと古い時代のファッションを見てみると、ダサいのか、カッコいいのか、よくわからない斬新なデザインに出会えます。

他人と被りたくない、いまの時代には無い個性的なファッションを探している、そんな人にオススメしたいのが、

1920年~1970年代のファッションを再現して新たな服作りをしているお店DryBones(ドライボーンズ)です。

今回僕が注目してみたのは、こちらのスリッカーコート。

RidingSlickerCoat(ライディングスリッカーコート)

1930年代初期ごろのデザインを基に作られたスリッカーコートで、

その辺のお店では見つからないような、個性的な見た目をしています。


肩周りが特徴的なデザインで目を引きますし、襟も開けるか閉めるかで雰囲気に違いが出て面白いですよね。

なんか、アニメとかゲームに出てくるキャラクターが着てそうでもあります。


後ろ姿も独特な雰囲気を出していて、万人受けはしなさそうですが、そこが個性派ファッションと考えれば良いポイントでもありますよね。

周りが90年代ファッションで個性を主張するなか、あえて30年代のデザインを着て、個性派の中の、さらに個性派を目指す!みたいな。

価格は、税込43,092円。

これからの寒い時期を過ごすのに、皆と同じアウターじゃつまらないと思っている人はぜひチェックしてみてください。

ドライボーンズには、この他にも、さまざまな年代のファッションが集まっているので好きな人はハマると思いますよ。

お店のホームページ
DryBones公式ホームページ





関連記事
スポンサーサイト



2018.09.25 Tue l アウター l top