FC2ブログ
朝の情報番組で、あなたの財布を見せてくださいと、若者を中心にインタビューする企画がありました。

男子高校生の間で長財布が流行っている、

友達も知らない高級財布を持っている等々、さまざまな財布が登場するなか、

若い男性が取り出した財布がTwitterで話題になりました。


ASTARISK/日本製栃木レザーコインキャッチャーウォレット

それは、30年くらい前に流行った、小銭(コイン)を種類別に収納できるコインキャッチャーと呼ばれる物なんです。

40代~50代くらいの人からしたら懐かしいという感覚だと思いますが、

コインキャッチャーに馴染みない今の若者からすると斬新でオシャレに感じるんでしょうね。



画像のコインキャッチャーは、ファッション通販サイトのスプートニクスが取り扱っている物で、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉を分けて収納できるタイプとなります。

この4種類の硬貨に対応したタイプが主に多いのですが、なかには、5円玉と1円玉にも対応した珍しいコインキャッチャーもあるんですよ。

几帳面な性格の人なら使ってみたくなっちゃいませんか。

見た目もスマートな印象になって、それでいて使い勝手が良いので、なんかきっかけがあれば、また流行りそうな気がするんですよね。

だって、レジの前でガチャガチャと目当ての小銭を探す必要がなくなるんですよ。

100円玉とったつもりが、50円玉、また違うのとったら、また50円玉、そんな経験よくありますよね。

それが、コインキャッチャーなら、きれいに並んだコインの列から必要な枚数を引き抜くだけです。

あと、減ったコインを補充するのだって、日常のちょっとした楽しみになりますよ。

50円玉のストックが減ってきたから、買い物のおつりで貰えるように調整して支払いをしてみる。

すると、思った通りに50円玉でくる場合もあれば、10円玉5枚かよって、ちょっと残念な結果になったりと、

今まで何でもなかったことが、コインキャッチャーを手に入れたことでゲーム感覚になることだってあります。

電子マネーが当たり前な現代だからこそ、時にめんどくさく感じてしまう小銭の管理を逆に遊びに変えてしまえばいいんですよ。

そんな世代によって懐かしくもあり、新感覚であるコインキャッチャー、小銭入れの購入を検討しているなら、候補の1つとしてみてはいかがでしょうか。

お店のホームページ
スプートニクス公式ホームページ




関連記事
スポンサーサイト



2018.05.16 Wed l レザーアイテム l top