FC2ブログ
Tシャツが活躍する時期になりましたが、

なかなかお気に入りのデザインの物が見つからないなぁとお悩みではないですか。

英語が書いているTシャツは一見オシャレに見えますが、

外国人観光客が着ている日本語Tシャツに変な言葉が書かれているのを見ると、

その辺に売っている英語Tシャツも似たような物なのかなと思ってしまいますよね。

そんな感じでなかなか欲しい物に出会えないなら、いっそ自分で作ってしまえばいいんですよ。


とはいえ、自分で作るとなると、個人でお店やっている人のところに行って頼む、みたいな、なんかめんどくさそうなイメージありませんか。

でも、最近はそんなことしなくても、ネットのお店で、しかもスマホしかなくても、自分で簡単にデザインして購入できちゃうんですよ。





お店の名前は、Up-T(アップティー)

先程も言いましたが、スマホからでも簡単デザインツールでオリジナルTシャツが作れます。

現在人気No.1の定番Tシャツなら、

基本価格が2000円で、色は全50色、サイズは子供の120からXXXLまで13のサイズから選べます。

そこに、自分で書いたイラストや撮影した写真をアップロードしたり、

元々お店側で用意してあるスタンプ等を使って、自分好みに仕上げていきます。



しかし、アップティーはこれだけではないんです。

オリジナルTシャツをネットで作れるだけのお店なら他にもあるかもしれません。

ですが、アップティーは販売することもできるんですよ。

販売するといっても、自分で在庫を抱えるわけではなくて、デザイン料を売る感覚ですね。

お店が普段販売している商品の原価に、自分への報酬を上乗せして販売するかたちで、

デザイン料(報酬)を500円に設定した場合なら、利用料の30%が引かれて、350円が1枚売れるごとに収入となります。

安く設定して、薄利多売を狙うか、デザインに自信があるから、強気に高めの設定にするか等、本当に自分のお店で売っているような感覚を味わえます。


自分の欲しい物を作る楽しさ、それが他の人から評価されて売れる喜び、そんな経験ができるアップティー、気になったらチェックしてみてください。


お店のホームページ
無料でTシャツをつくって販売できるカスタマイズアイテムモールのアップティー【Up-T】






関連記事
スポンサーサイト



2018.05.07 Mon l Tシャツ l top