FC2ブログ
夏にニット帽をかぶりたい。

けど、季節感がおかしくないのか、暑苦しく見られたら嫌だな等々、

夏のニット帽ファッションに躊躇してしまう人も多いみたいですね。

でも、そんな悩みは色や素材選びで解決すると思うんですよね。

夏向きのニット帽とは

とりあえず素材は、サマーニットに使われている、レーヨンやコットンが良いと思います。

何も知らないと、冬のニット帽をそのままかぶっちゃいそうですが、

それだと、暑苦しく見える云々より、そもそも暑くてかぶってられないですからね。

色にかんしては、人それぞれ好みがあると思うので、何ともいえないところですが、

定番の黒、白、グレーなんかでいえば、夏の黒色は重い感じや暑苦しい印象を持たれるようなので、

よっぽど好きでなければ黒は避けたほうが良いかもしれませんね。

見た目から涼しげな雰囲気にしたいなら、寒色系も夏らしくて良いと思うんですよね。

ということで、

今回のオススメはこのニット帽


kahiko(カヒコ)サフシーCAP/全2色

ハワイアンファッションKahiko(カヒコ)の、サフシーCAPです。

素材は綿100パーセント

価格は税別1,800円です

取扱店
メンズファッションBITTERホームページ


サーフボードとSurfの文字ロゴが印象的なブルーのニット帽は、

誰が見ても、夏にかぶっていて違和感のないデザインに仕上がっています。



青なので、夏に着る機会の多い白いTシャツやデニム(個人差はありますが)にも合わせやすいですし、

先程述べた、黒色のような重さや暑苦しさもなく爽やかで涼しげな印象ですよね。

これをかぶっていても、夏なのにニット帽なんて暑苦しいなぁなんて言うか人が周りにいたら、

その人とは根本的にファッションに対する価値観が違うんだと思って、ほっとけばいいんですよ。

最近は、夏のニット帽ファッションを楽しむ人が増えて珍しい物ではなくなってきているので堂々としましょう。

夏のニット帽はおかしくないです!




関連記事
スポンサーサイト



2018.04.21 Sat l 帽子 l top