FC2ブログ
もう今年もあとわずかですね。

来年は、いろいろと変化のある年になりそうですが、

変化があるといえば、学生から社会人になる人もそうですよね。

ということで、今回注目したのはこちらです。


長財布(蛇腹ラウンドファスナー)



ラウンド二つ折り財布

この2つの財布は、ビジネス向けの革製品を専門に扱う、人気のビジネスレザーファクトリーの物なんです。

現在、直営店は東京、大阪、名古屋、横浜、札幌、福岡、広島といった大きな都市と、

会社のある九州に、大分、熊本、宮崎の10都道府県にしかありませんが、

公式ホームページのオンラインストア(通販)で購入できるので、近くにお店がない人は、そちらでチェックしてみてください。

公式ホームページはこちら
Business Leather Factory

気になるスペックですが、

長財布は、価格が送料無料の9,999円(税別)

カードポケット×12

ファスナー付小銭入れ×1

フリーポケット×2

札入れ×2

ミニポケット×1

二つ折り財布は、価格が送料無料の6,999円(税別)

カードポケット×4

フリーポケット×2

ICカード用ポケット×1

札入れ×2

小銭入れ×1

どちらの財布も、全13色から選ぶことができます。

学生から社会人になるタイミングで、財布を大人っぽい物に買い替える人は多いと思いますが、

元々使っていた物に愛着や思い入れがあって、替えたくない場合もありますよね。

でも、仕事ではスーツを着るから、浮かない物のほうが良いんだろうなぁと悩むこともあるかもしれません。

そんな時にビジネスレザーファクトリーの財布なら、長財布でも約1万円ほどなので、買い足すという選択肢もあるわけですよ。

家族や親戚から、なんか財布貰えそうだなぁって感じなら、それでも良いと思いますが、

いまのところ、そんな予定もなく、親や兄弟には、もう少し高い物をおねだりしようと考えているなら、

自分でビジネス用として購入するのもありだと思いますよ。

価格の割りに高級感はありますし、かといって高級ブランドのような、いやらしさは無いですからね。

もし、財布のことで悩むことがあるようなら、ぜひチェックしてみてください。


スポンサーサイト



2018.12.24 Mon l レザーアイテム l top
今日の話題は興味のない人は全く興味がないと思える内容です。

たぶん、バイクに乗る人好きな人、革ジャン着る人しか興味がないかもしれません。

そんな少数派向けの今回注目した物がこちらです!

MotorcycleJacket

ヴィンテージなデザインをモデルに新しい服を作っているブランド、ドライボーンズの革ジャン(商品名だとモーターサイクルジャケット)です。

これを見てピンときた人は、かなりのバイク好きで映画も好きな人か、

リアルタイムで見たことがあるとしたら、かなりのベテランライダーの方だと思います。

というのも、こちらの革ジャンのモデルになっているのが、

1953年に公開された映画Thewildone(日本タイトルは乱暴者)の主人公ジョニーが着用していた物なんですよ。
 
僕もバイクは好きなんですけど、全然世代じゃないし、白黒時代の映画ってなかなか見ないので、

ネットで画像検索して、おぉ~本当に再現されてるって感じなんですけど、

服屋で扱われてる革ジャンがシンプルなデザインの物が多いなかで、これくらいゴツい感じの物があっても選択肢が増えて良いのになぁとも思いました。


ちなみに、元になったモデルの再現度だけでなく、ヴィンテージ感が売りのブランドなので、

ステッチ(縫い目)の部分の糸は、経年変化による色落ち感を出していて、新品でありながら、ヴィンテージな雰囲気を演出してくれています。

あと、1枚目の画像でわかるかもしれませんが、裏地が赤なのもコテコテな感じで良いですね。

大量生産の物ではないですし、革ジャンなので、価格は税込13万9320円とお高いですが、

50年代の映画に出ていたデザインを再現している物は珍しいと思いますし、なによりバイクに似合うので、気になった人はぜひチェックしてみてください。

お店のホームページはこちら
DryBones公式ホームページ



2018.10.29 Mon l レザーアイテム l top
朝の情報番組で、あなたの財布を見せてくださいと、若者を中心にインタビューする企画がありました。

男子高校生の間で長財布が流行っている、

友達も知らない高級財布を持っている等々、さまざまな財布が登場するなか、

若い男性が取り出した財布がTwitterで話題になりました。


ASTARISK/日本製栃木レザーコインキャッチャーウォレット

それは、30年くらい前に流行った、小銭(コイン)を種類別に収納できるコインキャッチャーと呼ばれる物なんです。

40代~50代くらいの人からしたら懐かしいという感覚だと思いますが、

コインキャッチャーに馴染みない今の若者からすると斬新でオシャレに感じるんでしょうね。



画像のコインキャッチャーは、ファッション通販サイトのスプートニクスが取り扱っている物で、500円玉、100円玉、50円玉、10円玉を分けて収納できるタイプとなります。

この4種類の硬貨に対応したタイプが主に多いのですが、なかには、5円玉と1円玉にも対応した珍しいコインキャッチャーもあるんですよ。

几帳面な性格の人なら使ってみたくなっちゃいませんか。

見た目もスマートな印象になって、それでいて使い勝手が良いので、なんかきっかけがあれば、また流行りそうな気がするんですよね。

だって、レジの前でガチャガチャと目当ての小銭を探す必要がなくなるんですよ。

100円玉とったつもりが、50円玉、また違うのとったら、また50円玉、そんな経験よくありますよね。

それが、コインキャッチャーなら、きれいに並んだコインの列から必要な枚数を引き抜くだけです。

あと、減ったコインを補充するのだって、日常のちょっとした楽しみになりますよ。

50円玉のストックが減ってきたから、買い物のおつりで貰えるように調整して支払いをしてみる。

すると、思った通りに50円玉でくる場合もあれば、10円玉5枚かよって、ちょっと残念な結果になったりと、

今まで何でもなかったことが、コインキャッチャーを手に入れたことでゲーム感覚になることだってあります。

電子マネーが当たり前な現代だからこそ、時にめんどくさく感じてしまう小銭の管理を逆に遊びに変えてしまえばいいんですよ。

そんな世代によって懐かしくもあり、新感覚であるコインキャッチャー、小銭入れの購入を検討しているなら、候補の1つとしてみてはいかがでしょうか。

お店のホームページ
スプートニクス公式ホームページ




2018.05.16 Wed l レザーアイテム l top
革製の財布の購入を考えた場合、一番最初に思い浮かぶのは、定番の牛革ではないでしょうか。

そして、それ以外では派手な印象のワニ革とか。

財布って、思い浮かぶ革の種類が多くはないイメージですよね。

色や形状で、多少の違いはありますが、表面の革の雰囲気が全体的なデザインの印象だと思うので、

結局、みんな同じような物に見えて、他人と被りにくい個性的な物を持ちたい人には物足りないのではないですか。

そこで、いま注目なのがエイ革です。

まだ流行ってる感はなく、エイ革って何❓と思っている人も多いと思います。

エイ革は、近年海水浴などで厄介者扱いされているアカエイの皮から作られていて、

そのエイ革を専門に扱う革製品ショップのBAHARIでは、財布や名刺いれ等に加工して販売しています。

エイ革の特徴は、なんといってもその見た目。

つぶつぶとした、ビーズを敷き詰めたような独特な質感。

シンプルな牛革や、ゴツいワニ革とは違う個性的な雰囲気を持っています。



長財布


コインケース


エイ革には、個性的で光沢感のある見た目の他にも、様々な特徴があるのですが、

注目は、革の硬さです。

大昔は、武具にも使われていたというエイ革の硬さは、革業界の技術が向上するまでは職人泣かせの素材だったそうですよ。

でも、その硬さも技術が向上した今では、耐久性に優れた良質な素材として、身近な小物アイテムに生まれ変わり役立っています。

ちなみに、エイ革の耐久年数は100年と言われるくらいなんですよ。

まぁ実際は、個人個人の使い方によって、革の寿命は変わるのかもしれませんが、

一生付き合える革製品って魅力的ですよね。

双子の人だったら、20代とか30代の時に同じ物を買って使い続けて、

40~50年後くらいに、お互い見せあって経年劣化の違いを比べるのも面白いかもしれませんよ。

そんな耐久性に優れ、見た目もオシャレで個性的なエイ革の財布、

よく見る定番の革素材に満足できない人なら手にとってみる価値ありですよ。



2017.06.03 Sat l レザーアイテム l top
新年を迎え、気持ちも新たに、春からの新生活に向けた準備を始める時期ですね。

特に、就職も決まり、社会人となる人には職種にもよるとは思いますが、ビジネス用の革製品が必要となりますよね。

見栄を張って、ハイブランドの高級品を買うつもりはないが、フェイクじゃない本革の物が欲しい。

でも、それほど予算に余裕はない。

そんな新社会人にオススメなのが、



ビジネスレザーファクトリー

ガイアの夜明けでも取り上げられた注目のレザーブランドで、福岡の本店をはじめ続々と直営店を展開中。

高品質で低価格がコンセプトのビジネスレザーファクトリーの革製品は、

牛本革使用の手作り製法なのに、お手頃リーズナブルな価格で購入できます。

現在、お店のオススメでもあり人気なのが、バッグ・手帳カバー・名刺入れの3点。

牛本革トートバッグ 14,999円(税抜)





手帳カバー 4,629円(税抜)





名刺入れ 2,777円(税抜)





手帳カバーは、人気のA5サイズの、ほぼ日手帳カズンに対応しているビジネスマン向けのアイテムとなっています。

近くに直営店がない人は、ビジネスレザーファクトリーのホームページから通販で購入できるのですが、

嬉しいことに上記の人気の3点は現在、送料が無料になっています。

よく通販で、物は安いのに結局送料足すとなぁ~なんてこともありますが、

これなら、通販でもお得で良いですよね。

これから、色々探してみて、これぞという物に出会えなければ、通販でビジネスレザーファクトリーは良い選択だと思います。

オシャレなアイテムを装備して、新生活を頑張りましょう。

お店のホームページ
ビジネスシーンを彩る革小物Business Leather Factory




2017.01.04 Wed l レザーアイテム l top